レビトラとジェネリックの違いと価格比較

レビトラには大きく分けて二つの種類があります。レビトラというのはED治療薬のことを言いますが、この薬は海外の会社で先発医薬品として開発されたものであるため日本国内の認可はこの先発医薬品に限られているという事情があります。そのため、レビトラそのものを日本国内で入手するときには病院に行ってレビトラの先発医薬品を入手しなくてはいけません。しかし、海外に目を向ければすでにレビトラにはジェネリック医薬品が当然のように市場に流通しています。レビトラは世界でも有名なED治療薬であるため、日本国内の厳しい認可の状況とは異なって比較的簡単に入手することができるようになっているのです。実際に、日本国内で購入することはできないですが海外の輸入の代行業者を利用すれば日本国内にいても手に入れることができます。単純に所持するだけならば違法な行為ではないため、好んでこうしたジェネリックを手に入れる人が多いのです。では、なぜクリニックで薬を入手するのではなくジェネリックで入手する人が多いのでしょうか。クリニックで入手をすれば安全面の確保もできますし、信用性の高い薬を利用することができます。しかし、日本国内のクリニックで入手できるレビトラは海外のジェネリックと比較してかなり割高になっている傾向があります。日本国内のレビトラが1500円程度で提供されているとすれば、海外のジェネリックはその半額以下の750円程度で手に入れることができます。この違いは、クリニックで入手できるED治療薬に保険が適 用されないことがあります。ジェネリックは後発医薬品なので元々価値が安いのですが、クリニックの場合はそうではないのでかなり割高に設定されているのです。